膳所・東野店で、り・ふぁいんのマッサージで違いを感じてください。

訪問鍼灸の開業・導入をお考えの鍼灸整骨院の先生へ

訪問鍼灸の開業・導入サポートメール会員募集

最近、接骨院の経営者・ 柔整師・ 柔整鍼灸師の方からの お問い合わせが急に増えています。

 

カルテの添付を求められるなど、先行き不安な、柔道整復の保険請求や、 訪問鍼灸をやりたいけど、何から始めて良いか分からないという 先生たちから、

 

 

◆ 「同意書について教えて欲しい。」 

 

◆ 「レセプトについて教えて欲しい。」

 

◆ 「訪問鍼灸事業の立ち上げ方を教えてほしい。」

 

◆ 「直接、相談に乗って欲しい。」

 

◆ 「営業が苦手な人でも気楽に行ける営業の仕方があるそうですが、ケアマネさんへの営業ってどうやるの?」

 

◆ 「訪問鍼灸導入を本気で考えている!(もう質問じゃないですよね・・・)。」

 

◆ 「成功実績のあるツールやノウハウを有利に使い倒したい。」

 

◆ 「訪問鍼灸を経営していく上で常に最新の情報を入手し続けたい。」

 

◆ 「同じ夢を持ったもの同士、励げましあったり支え合える仲間を作りたい。」

 

◆ 「問題が起きた時、どうしたらよいか明確なアドバイスをしてくれる人が周りにいないのでアドバイスを常に欲しい。」

 

◆ 「院長としてずっと一人で全てやらなければならないと思うと、孤独を感じるので同業者の交流会などやって欲しい。」

 

◆ 「基本的な鍼灸整骨院の経営基盤は築けたが、保険請求がさらに厳しくなった時に対処できるか不安だ。」

 

◆ 「いくらかの費用でフルサポートを受けたいが正直なところ経済的に厳しいと感じている。」

 

◆ 「鍼灸の適応疾患は、腰痛・五十肩・神経痛・リウマチ・頚腕症候群・頚椎捻挫後遺症(むちうち)6疾患ですが、これらの疾患がなく他の病名の時はどうしたらいいか教えて欲しい。」

 

◆ 「鍼灸整骨院おかかえのドクターがいなくても患者さんの主治医から同意書を発行してくれる方法を教えてください。」

 

◆ 「外傷のみの保険請求はこれからしんどい。かと言って実費の姿勢矯正などのメニューもセミナー代もバカにならないし、どちらにせよ「待ち」の経営なので積極的に集患できて慢性疼痛の保険請求ができる訪問鍼灸を取り入れたい。」

 

◆ 「部位転がしや振り替えなど必要のない長期施術可能な訪問鍼灸を教えて欲しい。」

 

◆ 「鍼灸整骨院の昼休みを利用して訪問鍼灸を始めたい。」

 

 

 

そういうお声を受けまして、

 

不定期ですが訪問鍼灸導入のアドバイスをメールいたしております。

 

興味のある方は下のメール会員登録フォームでご登録お願い致します。

 

またメール会員ご登録下さった方にはプレゼントを差し上げます!!

 

今だけ特典1

■ 今すぐ使える、ご自身で編集可能な訪問鍼灸専用三つ折りパンフレット(Word)プレゼント。

 

今だけ特典2

■ 今、悩んでおられるお考え中の一つのご質問にお答えします。

 

 

登録無料!!

 

※ houmonshinkyuusupport@apost.plala.or.jp からメールが受信できるように設定お願い致します。

お申込みフォームはココをクリック!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

「り・ふぁいん」は、何もない所から誰の手助けも受けずに、当初0から現在200名近い患者様が「り・ふぁいん」のスタッフが来るのを待ってくださっています。レセコンも使ってないんですよ。

※ houmonshinkyuusupport@apost.plala.or.jp からメールが受信できるように設定お願い致します。