膳所・東野店で、り・ふぁいんのマッサージで違いを感じてください。

訪問マッサージ業フランチャイズの開業資金

加盟金・・・80万円(税抜き)*(他社フランチャイズからのお乗り換えは20万円)(分割応相談)

加盟金以外に必要な初期費用は・・・

開設後の営業に必要な印刷代などで、およそ5万円ぐらいです。

訪問マッサージ開業にかかる費用について

訪問マッサージ開業にかかる開業費用の前に、一般的な鍼灸マッサージ治療院の開業にかかる費用をみてみましょう。

マッサージ用ベッドさえあれば自宅でも開業でき、比較的小資本で始められるのが鍼灸マッサージ院の魅カのひとつです。

 この業種は仕入れや材料費、在庫といった物を持たず、純売上率が高いのも魅力です。

同じ100万円を売 り上げたとしても物販や飲食店なんかより、実際に自分が使えるお金が遥かに多いのです。

住居用のマンションで特別な内装を行わず開業する場合や、自宅の一室を利用する場合は100万円以下の金額で始めることも出来ます。自分ひとりでのんびりやりたい方や、あくまで副業として考えている方には、そんな開業形態もありなのです。

 

まずは、一般的な治療院でテナントを借りて独立開業する場合について 見てみましょう。

10~12坪程度の物件を借り1人で行う場合 (地域や立地条件により多少異なります )
前家賃十仲介手数料十保証金:160~180万

内装・治療用ベッド・家具類:80~100万

広告費 (看板含む ) :50~70万

運転資金:50万
合計:340~400万
まあこんなもんでしょう か。

 

他業種、例えば駅前のエステ店やデイサービスを始めるのに比べたら圧倒的に低価格で開業できます。

ただ、そんな世の中そんな甘い話ばかりではありません。当然ですが、患者さんが来なければ治療院はつぶれてしまいます。今、高齢化社会だ、癒しブームだと、どんどん新しい治療院が出来ていますが、10軒出来たら9件は3年以内につぶれてしまうと言われています。鍼灸学校の3年間で学費の500万を取られた新人に開業資金400万を集めるのはなかなか難しいです。そして、開業しても3年以内に90%はつぶれてしまう 、免許を取っても5年後には90%は鍼を握っていないという現実的な数字を前に「俺なら大丈夫!必ず成功する!」なんて言えません。カネなし、コネなし、腕なしでのスタートですから 。

 

一方、「 訪問マッ サージ 開業」するにあたって最低限必要な物を書き出してみます。
パソコン:15万

固定電話 (ファックス付 ):2万

携帯電話:5万

名刺:1000円

自転車:1万

タオル:1000円

賠償保険:1万
まぁ、こんなものです。これらは自宅にあるものがほとんどです。だから改めて買い替える必要もないしそのまま使えるものは使えばいいので す。 もし、すべて新しく購入したとしても20万程度あれば大丈夫です。これらを見てもわかるように実質的には限りなく0円 で開業できる業種とな ります。

 

そのほか必要な備品は ?
その他揃えたい「備品」と「資料」ですが、「訪問マッ サージ 開業」の場合は、マッサージ以外にも月末月始にはレ セプト等の事務処理もやらなくてはなりません。そこで、事務処理に必要な備品の購入には通販が便利です。訪問マッサージの事務処理には、いろいろな備品が必要です。書類を印刷する用紙やインクはもちろんのこと、封筒やクリアファイル、ボールペンで書くことが多ければデスクマットも用意したいところです。これらの購入にあたっては、通販の利用が便利です。事務処理作業に必要なほとんどの備品がインターネットやFAXで注文でき、翌日には商品が届けられます、店頭での購入と違って、持ち運びの手間や時間がかかりません。通販カタログの申し込みは、電話で治療院名や住所などの必要事項を伝えるだけです。

アスクルさんなど・・・。

募集要項をご希望の方はこちらをクリック!!

※ re-fine@ivory.plala.or.jp からのメールを受信できるようにお願い致します。