膳所・東野店で、り・ふぁいんのマッサージで違いを感じてください。

    り・ふぁいんグループのワンポイント健康アドバイス

    逆子でお悩みの方へ・・・。

    ここでのご紹介は、東洋医学に基づいた、妊婦さんにとっての、妊娠期間中の体調不良やつわり抑制だけでなく、逆子治療にも効果がある優れた治療法です。今回は、赤ちゃんの負担にならず、自然に逆子を治すツボ押しの方法や注意点をまとめました。

    三陰交はくるぶしの内側から指四本分ほど上にあり、刺激することで子宮周辺の下腹部や胸部にも作用し、体の冷えを解消しバランスを整えてくれます。その結果、赤ちゃんが動きやすくなり、逆子が治るとされています。逆子治療以外にも、生理痛や更年期障害にも効果があります。ただし、三陰交はじっくりと体の深いところに作用するので、妊娠初期の妊婦さんには刺激が強すぎる場合があります。刺激する時期や方法は自己判断で行わず、妊婦健診のお医者さんや鍼灸院で確認してくださいね。

    刺激するツボによっては、時期を間違えると刺激が強すぎてしまい、母体や赤ちゃんに悪影響を与えてしまうことがあります。ある程度赤ちゃんが安定し、かつ逆子治療を医師に勧められる妊娠30週(妊娠8ヶ月)頃からが良いとされています。

    毎回鍼灸院に通うのは、お金がかかり体力を消耗するので、ためらってしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、ツボ押しを初めて行うときは、必ずプロの施術を受けるようにしましょう。体内の状態や体つきに応じて、ツボ押しの効果が違うので、まずはプロに体の状態を見極めてもらいましょう。自宅でのやり方や注意点も指導してもらうようにしてくださいね。そして、鍼灸院に行く前には必ず、産婦人科医に確認をするようにしましょう。自分自身でツボ押しを行う際は、早く効果を出したいからといって強く押しすぎず、1回3~5秒くらいかけて、ほどよい痛みを感じる程度にすると安心です。

    いかがでしたでしょうか?逆子になる原因や治療の方法は様々ありますが、その中でもツボ押しは、安定期以降に行えばお母さんと赤ちゃん双方への負担が少ない治療法です。気軽に治療を行えるため、日常的に取り入れやすく、逆子の改善以外にも冷えや体の循環を整えるのにも効果があるので、ぜひ一度試してみてください。山陰交へのお灸も効果があります。


    鍼灸マッサージなら

    り・ふぁいんグループ

    ホームページ
    http://www.refine-sakura.com/

    抜粋:こそだてハック抜粋